企業内にあるリスク

横領

企業の的は外の世界だけではありません。
実は企業内に大きなリスクが潜んでいる事もあるのです。
その為、内々に探偵に自社においての企業調査委を依頼する事があります。

情報漏洩

企業の不正や不祥事は、対外的にも大きなイメージダウンを生み、それが経営の数字にも響く事は珍しくありません。
不正会計や不法行為が発覚した場合には、その事実の開示、そそして再発防止策などの詳細な説明が求められます。
横領などの背信行為の調査として、探偵はしばしば利用されています。
企業調査などでは、昔から行われている事で、早期に発見する事で被害を最小限に留める事が出来ます。
それに、探偵に企業調査を依頼するという事は、一部の上層部の人間だけが知り得る事実になるので、もし横領の容疑が、全くの濡れ衣であった場合にも、疑われた本人を傷つける事なく、また社内での混乱を招く事もなく秘密裏に行なう事が可能です。
会社の為にという考えから、企業調査を社内で行なう所も多いのです。

情報漏洩という問題も昨今、特にメディアなどに取り上げられる大問題として有名です。
個人情報というのは、それだけである種の財産です。
個人情報からその顧客の年齡や家族構成、または年収といったものが分かる場合、効果的に情報を使う事で大きな利益を上げる手段となります。
マーケティングの手法にも、個人情報を有効に活用している物が多く、顧客の個人情報は企業の資産の一つと言っても過言ではありません。
しかしそれは諸刃の剣で、悪意ある者が悪用する事も出来るのです。ここでも探偵への調査サービスを有効に利用できます。
顧客情報を名簿会社や競合他社に販売するなどの企業犯罪を防ぐ為に、探偵に企業調査を依頼する事も最近はあります。