依頼するメリット

探偵を雇うワケ

企業調査として探偵を雇うのはタダではありません。
しかし多くの企業が企業の外や内において、探偵に依頼してリスク因子を調べるのには理由があります。
それは、コストを上回る大きなメリットがあるからです。
リスクに備える事は、経営では基本の基本です。
様々な事態に備えて防護策を打つことが企業の存続と健全な経営の為に必要だと言えます。

迅速性

企業調査を行なうメリットとして、まず挙げられるのが、迅速性です。
例えば、探偵に企業内での背信行為を調べてもらう場合です。
社内の人間で確かめる事も可能かもしれませんが、業務の中でそれを行なうのは難しく、または社員間で秘密が漏れ、隠匿される可能性もゼロではありません。
しかし企業調査を行なう探偵の多くは、このような企業内調査について独自のノウハウを持っているものです。
その為、被害を最小限に抑えてリスクに対処する事が可能となります。

秘密の保持

企業の行なう調査というのは、なかなかおおっぴらに出来ない事もあります。
M&Aや買収という目的で企業調査を行なう際は、周りに騒がれずに進めていきたいと考えるものです。
相手企業へ情報が漏れる事で、なんらかの粉飾や抱えるトラブルが隠匿される可能性があるからです。

裁判の為

既にトラブルが現実のものとなってしまった場合にも、探偵への調査依頼が有効な場合があります。
調停や和解案を提示する際に、そのトラブルに応じた然るべき情報や資料を収集する事に利用する企業があります。